サプリメント・ドリンク

インナーパラソル16200 口コミ 効果 ってどう? 飲む日焼け止め 飲む日傘 日焼け止めサプリメント

更新日:

インナーパラソル16200 口コミ 効果 ってどう?
飲む日焼け止め 飲む日傘
日焼け止めサプリメント
インナーパラソル16200
(いんなーぱらそる16200)を試してみました

インナーパラソル16200
(いんなーぱらそる16200)は
飲む日焼け止め 飲む日傘と呼ばれる
今話題の日焼け止めサプリメント。

紫外線・日焼けはお肌の大敵。

日焼け止めクリームや日傘、
帽子やアームカバーなどで
日よけ対策をしている女性は多いものです。

でも日焼け止めには、
べたついたり何度も塗り直しが必要だったり
というデメリットが。

また日傘でも地面からの反射光で
日焼けしてしまったり、
帽子などでは蒸れて暑かったり
などとそれぞれデメリットがあるものです。
 

室内にいたとしても、
ガラスは紫外線を通してしまいます。

だからといって
1日中日焼け止めを
塗っていることも無理。

精神的にもしんどいですよね...

そんな時に知ったのが
インナーパラソル16200。

飲む日焼け止めサプリメントで
内側からケアするという方法です。

 

インナーパラソル16200
(いんなーぱらそる16200)は
これまでと違う
飲む日焼け止めサプリメント。

飲むだけで体の中から
日焼け止め対策をすることができます。

インナーパラソル16200 口コミ 効果

その成分のポイントは5つ。

1つ目はニュートロックスサン。

ニュートロックスサンは
聞き慣れない成分ですが、
ローズマリーの葉と
シトラスの果実から抽出された
ポリフェノールのことです

ニュートロックスサンは
活性酸素を除去して
メラニンの生成を抑えます。
 

2つ目はパインセラ。

パインセラは
パイナップルに含まれるセラミド成分で、
潤いを保ちバリア機能を高めます。

 
3つ目はコプリーノ。

コプリーノは細胞保護作用があり、
ダメージから肌を守ります。
 

4つ目はビタミンC。

ビタミンCは肌を錆びつかせず、
美容に欠かせない成分です。
 

5つ目はビタミンP。

ビタミンはビタミンCの
持続時間を長くサポートします。

インナーパラソル16200
(いんなーぱらそる16200)に配合されている
これら5つの成分の含有量は、
合わせて16200mgという圧倒的な配合量。

インナーパラソル16200
(いんなーぱらそる16200)は
1日2粒~6粒飲むだけなので、
実に簡単で続けやすいです。

インナーパラソル16200は
続けやすいのもうれしくて
インナーパラソル16200の定期購入では、
60粒入り約1ケ月分で5,600円(税別)と、
通常価格より20%もお得です。

インナーパラソル16200を飲んでおけば
日々の日よけ対策が
とても楽になりますよ

 

インナーパラソル16200 は
原材料にもこだわっています

インナーパラソル16200 原材料(全成分)

シトラス果実・ローズマリー葉エキス末、還元麦芽糖水飴末、きのこ(ササクレヒトヨタケ)乾燥末、パイナップル果実エキス末(セラミド含有)/ビタミンP、ビタミンC、結晶セルロース、シクロデキストリン、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

 

この「インナーパラソル16200」は、
通常価格7000ですが、
定期購入だと5600円で購入できます。

まだまだ日焼け対策が必要な季節、
楽して完ぺきな対策を求める方には、
耳寄りなのではないでしょうか。

詳しくは⇒インナーパラソル16200を見る

 

 

インナーパラソル16200 口コミ

インナーパラソル16200(いんなーぱらそる16200)は、日焼け止めが苦手な私には必需品です。

 

日焼け止めが嫌いです。肌のシミ予防のためには毎日塗った方が良いことは百も承知ですが、それでも塗る気になれません。

塗りたくないと思う理由は主に3つあります。まず、においが独特なこと。日焼け止めって必ずあのなんともいえないむわっとしたいやな臭いがしますよね。顔に少量塗るだけでも嫌なのに、全身に塗ったりするとそのにおいが常にまとわりついて、一日中気になってしまいます。

二つ目は、べたつくこと。これもどんな製品を使っても必ず感じることです。着け心地サラサラ!とか、ベタつかない!とうたっている商品でも本当にベタつかなかった試しがありません。特に夏場は顔にも体にもしっかりと塗りたいのに、暑い季節にあんなベタベタしたもの塗るのは嫌!という心の声に勝つことができず、キャンプや海などのよっぽどの日焼けイベントがない限りは塗ることを避けてしまいます。

三つ目は、落とすのが面倒くさいこと。例えばバッチリお化粧する日なら、化粧下地を塗るついでに顔にササッと塗るだけなので塗ること自体はそこまで面倒ではありません。落とす時も、どうせクレンジングを使わなくてはいけないので化粧と一緒に落とせばいいだけです。

 

問題は、化粧をするほどでもない休みの日や、あとは体にも塗った時です。今日は一日すっぴんでゴロゴロするぞ!と決めた休日など、そのまま夜になり、お風呂に入るなり洗顔するなりする時に、そういえばクレンジングもしなきゃいけないんだった!と思うと面倒で憂鬱になります。

体に関しても、日焼け止めを塗った日は石けんで洗っただけだと肌に残る感じがするので、メイク落とし入りの洗顔料を混ぜて洗っていますが、これがまた面倒くさい。クレンジング使わなくてもお湯とか普通の石けんで落ちる日焼け止めがあったらいいのに、と思います。

 

日焼け止めには不満だらけですが、一応将来のことを考えて、飲む日焼け止め(のむひやけどめ)ならめんどくささが少ないので飲み始めました。飲む日焼け止め(のむひやけどめ)も色々ありましたが、私はインナーパラソル16200(いんなーぱらそる16200)。

インナーパラソル16200(いんなーぱらそる16200)は肌がきれいで絶対日焼けせず美肌をキープしているママ友が飲んでいたので、それにしました。

インナーパラソル16200(いんなーぱらそる16200)を飲んでから、朝起きてから日焼け止めを塗る間や起きてすぐにベランダに出るときでも安心。まあ長時間の外出や出かけるときはインナーパラソル16200(いんなーぱらそる16200)を飲んでいても日焼け止めは塗らないといけないんですが、ちょっとしたスキマ時間のうっかり日焼けはインナーパラソル16200(いんなーぱらそる16200)でケアできています。

 

インナーパラソル16200(いんなーぱらそる16200)を飲むほかには、普段化粧する日はSPFの入ったリキッドファンデを使っています。アウトドアレジャーなどに出かける時のみ、アリーなどの日焼け止めを顔とデコルテ、腕など直接日差しが当たる部分にだけ塗っています。

あとはスプレータイプの日焼け止めも持っていき、汗や海水浴で流れ落ちた時に全身に使っています。化粧をしない日は、気が向いた時だけ顔に日焼け止めを塗るようにしています。

あとあと困るので日焼け対策はしとかないと。インナーパラソル16200(いんなーぱらそる16200)があればかなり楽できます(*´▽`*)

詳しくは⇒インナーパラソル16200を見る

 

 

 

 

-サプリメント・ドリンク
-, , , , ,

Copyright© 大人の美容と健康の口コミNIS , 2019 All Rights Reserved.