サプリメント・ドリンク

高めの血圧を手軽にケアする方法 と 新聞やテレビで注目のサプリやお茶などの健康食品について

投稿日:

高めの血圧を手軽にケアする方法 と 新聞やテレビで注目の健康食品について

大正製薬 血圧 ヒハツ タブレット 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 新聞 TV 1000円 キャンペーン 血圧を測る

40代、50代など年齢を重ねると気になり始めるのが生活習慣病。今まで指摘されたことがなかったのに健康診断で「血圧が高めなので塩分を控えて下さい」など、生活習慣の見直しを医師や看護師に指導されることも珍しくありません。

しかし、40代、50代は子育てに仕事に時間にも余裕がなく、ストレスがたまりがち。「生活習慣の見直しをしないといけないのはわかっているけどできていない」そんなジレンマを抱えている男性、女性が多いですね。

血圧が高い 健康診断

「生活習慣の見直し」というのはなかなか難しいのであれば、できるところから血圧ケアに良い習慣を増やし、悪い習慣を減らすという取り入れやすい習慣改善から取り組むとぐっとハードルが下がります

 

この記事では「高めの血圧を改善する方法」と「血圧ケアに良い習慣」「血圧ケアに良くない習慣」を洗い出し、手軽に始めやすい「血圧ケアに良い習慣」を紹介しています。

血圧が高めなのが気になっているが、忙しくてなかなか「生活習慣の見直し」に取り組めなくて焦っている、イライラしている、不安に思っている方は参考になさってください

 

 

高めの血圧を改善する方法について

塩分摂取量が多い日本人は血圧が高めになりやすいとされています。高血圧とまではいかなくても血圧が高めで気になっている、という話は良く聞きますが、そもそも血圧とはなんのことを指しているのでしょうか。

まずは「血圧(けつあつ)」について詳しく見ていきます

血圧を測る男性

 

血圧(けつあつ)とは?

中高年になると血圧が高めだと注意され、生活改善をしたほうが良いと指導されている方が増えてきますが、血圧とはどういうものなのでしょうか。

血圧とは、人の心臓から送り出された血液が全身に酸素と栄養素を送り届けながら動脈を流れる際に血管の壁にかかっている圧力のことです。

血管を流れている血液の粘度が血圧に影響を与えます。サラサラで流れやすい状態であるほど血管にかかる圧力は少なくなり、逆に血液がどろどろで流れにくい状態であればあるほど圧力が高くなってしまいます。

また、血管の柔軟性や広さ、心臓が送り出す血液の量や末梢血管(毛細血管)に血液が流れ込む際に受ける抵抗の大きさ、身体の中をめぐっている血液の量も血圧に影響します。

 

血圧が高めの状態とは

では、血圧が高めの状態とはどのような状態を指すのでしょうか?

→血圧が高いということは血管に必要以上の圧力がかかっている状態のことです。

 

まず血圧には「上の血圧」、「下の血圧」と呼ばれる値があります。

上の血圧(収縮期血圧)とは、心臓から血液を全身へと送り届けるために心臓が縮んだ状態の血圧を指します。

下の血圧(拡張期血圧)はいったん縮んだ心臓が元の状態に戻った時の血圧のことを指します。

 

血圧は運動や気温の変化など様々な要因により変化しやすいので、安静状態で計測した血圧の値を基準に血圧の高低が判断されます。

一般的には上の血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上を越えると高血圧と診断されます。上の血圧、下の血圧、どちらか片方でも値を超えていると高血圧とされます。

 

理想的な血圧の値

血圧を測る

・理想的な血圧の値は

上の血圧が120mmHg/下の血圧が80mmHg未満 

とされています。

正常血圧とされるのは上の血圧が120~129mmHg、下の血圧が80~84mmHgです。

 

正常高値血圧で血圧が高め

また、高めの血圧でも

上の血圧が130~139mmHgかつ/または下の血圧が85~89mmHg

が「正常高値血圧で血圧が高め」と言われる値です。

 

高血圧

高血圧、とされるのは

上の血圧が140~159mmHgかつ/または90~99でⅠ度高血圧、上の血圧が160~179mmHgかつ/または下の血圧が100~109mmHgでⅡ度高血圧、上の血圧が180mmHg以上かつ/または下の血圧が110mmHg以上

でⅢ度高血圧という分類になります。

血圧が高くなればなるほど脳卒中などの大きな病気のリスクが高まります。

 

血圧の平均値には年代や性別による差もあります。

平均的に見ると血圧は年齢を重ねるごとに高くなる傾向があり、一般的に女性の血圧は30~40代では男性より低めの平均値ですが60代以降は男女の差が少なくなっていきます。

 

 

血圧が高い状態が続くと起こりやすい問題

血圧が高い状態が続くとどのような問題が発生するのでしょうか。

→血圧が高めの状態を放置することは、さらに血圧を高くしてしまう恐れを生み出します。

血圧が高い状態とは血液が流れにくい状態なので、心臓はより高い圧力をかけて血液を全身に送り出そうとします。それは血管の柔軟性を失わせたり血管の壁を傷つけてしまうことになります。その結果、さらに血圧を高めたり動脈硬化の促進やコレステロール・脂質の蓄積の促進、脳卒中、心疾患、慢性腎臓病などの病気を招いてしまう可能性が高くなります。

怖いのは血圧が高めの状態であっても、わかりやすい自覚症状が出ないことが多く、放置されてしまいやすいことです。

 

 

血圧を高くしてしまう原因 要因

血圧を高くしてしまう原因とは何でしょうか?血圧は毎日の生活習慣(運動不足、食生活、ストレスなど)に影響される部分が大きいです。詳しく見ていきましょう

 

たばこ

たばこ

生活習慣の面で特に血圧を高くしてしまう原因の一つはたばこです。

たばこはたった一本でも10~20mmHgも血圧を上昇させてしまい、吸い続けることで血圧を高くしてしまうだけではなく動脈硬化など他の病気を引き起こす原因にもなります。

 

アルコールの過剰摂取

飲酒

アルコールの過剰摂取も血管の収縮を促進させ血圧の上昇につながります。

 

睡眠不足やストレス

睡眠不足

また、睡眠不足やストレスを受けやすい生活も血圧を高めます。ストレスや睡眠不足は自律神経の一つである交感神経を活性化させるので興奮作用があるアドレナリンが必要以上に分泌され、血液量が増加し血圧が高くなってしまうのです。

 

運動不足

運動不足による筋力の低下も血管の収縮を低下させ血行不良を引き起こし血圧を高めます。

肥満

また、運動不足は肥満の原因にもなります。肥満は体内を巡る血液の量の増加、過食により塩分の摂取量の増加、代謝の低下などで血圧の上昇にもつながります。

 

塩分、脂肪分、糖分 過剰摂取

カロリー過剰

食生活の面では塩分、動物性脂肪、糖分、脂肪分が多い食べ物の過剰摂取が血圧を上げる原因となります。

・塩分

塩分(ナトリウム)が多い食べ物を摂取することで血液中の塩分濃度が上がり、浸透圧の作用により血管を流れる血液の量が増加するので血管の壁にかかる圧力が高くなり、血圧が上昇するのです。

カロリーの摂りすぎによる肥満などはインスリンの働きを抑制しナトリウムの吸収を促進させることで特に塩分の過剰摂取を招きやすいので要注意です。

 
・脂肪分

動物性脂肪を多く含む食品、肉類や乳製品、洋菓子類などの過剰摂取は血中の悪玉コレステロールを増加させ、動脈硬化を促進させることで血圧を高めます。脂肪分が多い食品の過剰摂取は血中の悪玉コレステロールを増加させ、血液の粘度を高めて血液を流れにくくするので血圧が上昇します。

 
・糖分

糖分の多いスイーツや酒類などの過剰摂取は血流を悪くすることで血圧を上昇させます。

 

それらを踏まえて考えると、塩分の高いベーコンやソーセージなどの肉加工品、塩分を多く含む梅干しやお漬け物、かまぼこやちくわなどの練り製品、サラダ油やバター、脂身など脂質と油、砂糖といった食材の摂りすぎは血圧が高めてしまいやすいと言えます。

食事のメニューでは塩分を多く含むラーメン、糖質と脂質を多く含む揚げ物類、糖分や塩分を多く含むスイーツやお菓子やジュース類、味の濃いインスタント食品やお総菜・お弁当・外食などが血圧を上げやすいメニューと言えます。

調味料でも塩はもちろん味噌や醤油などの調味料にも塩分が多く含まれているため、使用しすぎは血圧を高めてしまいます。

 

更年期

更年期

特に女性に多いのが、若い頃は正常・または低血圧だったのに40代・50代になると血圧が高くなる「更年期高血圧」です。

更年期を迎える40代、50代は血圧の値が不安定になりやすいことと女性ホルモンの急激な減少による影響で、血圧が上がりやすくなるのです。

特に女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少は血管の柔軟性の低下やLDL(悪玉)コレステロールの上昇を促進させるため血圧の上昇につながりやすいのです。

この更年期高血圧の場合早めに生活習慣の改善や食生活の改善などの正しいケアをすることで、更年期が過ぎると血圧が安定したり、上昇を緩やかにすることができます。

 

血圧が上がる原因はつまりは「血圧ケアに良くない習慣」になりますので、これらの習慣をなるべく減らす努力が必要です

続いて、「血圧ケアに良い習慣」を知るために血圧が下がる要因についても詳しく見ていきます

 

 

血圧を下げる原因 要因

まず、高めの血圧は、生活習慣や食生活の改善など早めに対処を始めることで降圧剤などの薬などを使用しなくても改善することが可能です。

高めの血圧を改善するための生活習慣の改善でまずあげられるのは、喫煙をやめる、または本数をできる限り減らす、アルコールの過剰摂取をやめる、休肝日を設けるなどです。

しかし、これだけではありません。普段何気なく行っている意外な生活習慣も血圧ケアに効果的ですので紹介します。

 

熱すぎるお風呂に入らない

お風呂

42度以上の熱すぎるお風呂に入ることも血管を収縮させて血圧の上昇につながるので湯船の温度は40度前後の適温にすることも血圧の上昇の予防になります。

また、入浴の際に脱衣所と浴室の温度差が大きいと急激な温度差により血管が縮んでしまい血圧が急上昇してしまうので温度差をなるべく小さくすることも大切です。

 

ストレスをためない

ストレスも血圧を高める原因となるので、深呼吸をする、音楽をきく、好きな香りをかぐ、趣味を楽しむ時間を確保するなどリラックスできる時間を作ることも血圧を下げる有効な手段です。

 

適度な運動

適度な運動も血圧の上昇を防ぎます。適度な運動は血圧を高める原因になりやすい肥満の防止にもなります。

運動不足

激しすぎる運動は逆に血圧を高めてしまうのでウォーキング、水中歩行、軽い水泳、サイクリングなどの軽い有酸素運動を毎日30分以上、または週に3~4回、一時間以上を目安に生活にとりいれることが高めの血圧の改善に有効です。

 

質の良い睡眠を毎日一定時間確保

熟睡

睡眠中は血圧が下がりやすく、逆に睡眠が不足すると血圧が高い時間を長くすることになるので質の良い睡眠を毎日一定時間確保することも血圧を下げるために有効です。

 

塩分の摂取を控えめに

食生活の面で最も気を配りたいのは塩分の摂取についてです。

一日の食塩摂取量の目安は6g未満とされています。ラーメンなどの塩分の多いメニューや味の濃い外食や加工食品、インスタント食品を控えめにすること、醤油やドレッシングなど塩分の多い調味料のかけ過ぎ、つけ過ぎに気を配ることが大切です。

塩分を控えめにするためには、物足りなさを補うために香辛料やハーブ、酢を加えることや食材の表面だけに調味料をつけること、出汁のうまみを活かすことなどがポイントです。

 

脂っこい食事や間食の摂りすぎを控える

便秘 野菜たっぷりの食事

血管に脂肪を蓄積させて血管を狭くするのを防ぐために揚げ物類などの脂っこい食事や間食の摂りすぎを控えることも有効です。

 

カリウムを含む食品を摂る

野菜不足

体内のナトリウムや水分を調整する働きをもつカリウムはほうれん草やブロッコリーやパセリ、バナナなど主に野菜や果物に含まれているので、食生活に野菜や果物を積極的に取り入れることも有効な方法です。

 

カルシウムの摂取

カルシウムの摂取でも血圧を下げることができます。カルシウムの摂取はカルシウムイオンが細胞内へと入り込むのを抑制し、それに伴う血圧の上昇を防ぐからです。

さらに、カルシウム不足は血液中のナトリウム比率を上げ、血液量も増やします。カルシウム不足は骨からのカルシウムの流出にもつながり、流出したカルシウムは血管細胞へ供給されることで血管の収縮を招くので血圧の上昇につながりやすいのです。カルシウムを豊富に含む食品は乳製品や小魚、ナッツ類などです。

 

マグネシウムの摂取

カリウムやマグネシウムの働きを助けるマグネシウムの摂取も大切です。マグネシウムはごまや玄米、ゴーヤなどに豊富に含まれています。

 

オメガ3脂肪酸の摂取

その他に血圧を下げるために有効な成分はオメガ3脂肪酸の一種であるDHAやEPAです。血管の柔軟性をサポートし、血液中の脂質のバランスを調整する働きを持っています。DHAやEPAはアジやイワシ、マグロ、サンマなどの青魚に豊富に含まれています。

 

食物繊維の摂取

海藻

食物繊維、特に水溶性食物繊維のアルギン酸は血圧の上昇を防ぐきを持っています。水溶性食物繊維は海草類や果物、芋類に多く含まれています

特にごぼうや納豆、モロヘイヤなどに豊富に含まれているのでお通じを良くして排便の際のいきみによる血圧の上昇を防ぐためにも積極的に摂り入れたい食材です。

 

お酢やオリーブオイルの摂取

その他に、お酢やオリーブオイルなども血圧を下げる効果を持っています。

 

お茶類の摂取

お茶

飲み物の中にも血圧を下げる効果を持つものがあります。

緑茶は血管の老化を防ぎ血圧を下げる効果を持つカテキンを豊富に含んでいます。

また、そば茶には血流を改善させるルチンが、ドクダミ茶には血管の拡張や利尿作用を持つクエルセチンが含まれているため、血圧を下げる効果が期待できます。

杜仲茶にはゲニポシド酸という副交感神経に働きかけて血圧を下げるる効果を持つ成分を含んでいます。

野菜や果物を生のまま摂取できる青汁もカリウムなど血圧を下げる成分を含んでいます。

 

トマトなど野菜類の摂取

とまと

野菜や果物のジュースの中でも特にトマトジュースやバナナジュースにはカリウムが豊富に含まれていて血圧を下げる効果が期待できます。特にトマトは高い抗酸化力を持つリコピンも含んでいるので血管の老化も防ぎます。

 

血圧を下げるために有効とされる成分の摂取

血圧を下げるために有効とされる成分で最近注目を浴びているのが「ヒハツ」という植物に含まれているピペリンです。

大正 ヒハツ ひはつ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 口コミ 効果 成分 機能性表示食品

ヒハツはインドや中国では昔から香辛料として珍重されてきたコショウ科の植物です。このヒハツ由来のピペリンは血管の柔軟性と拡張をサポートすることで血液の流れをスムーズにすることで高めの血圧を改善し、正常な血圧を維持する働きをもつ成分です。

 

このように「血圧ケアに良い習慣」「血圧ケアに良くない習慣」は色々あります。すべてを実行するのは難しいですが、手軽に始めやすい「血圧ケアに良い習慣」を増やしていくことで意識が変わり、生活習慣改善をつながっていきます。

特に「血圧を下げる効果が検証されている成分」の「ヒハツ」摂取は効果の出やすい「血圧ケアに良い習慣」として大変注目されています。

今は「ヒハツ」が定期的に摂取できる健康食品がありますので、利用してみると良いでしょう。

 

 

「血圧ケアに良い習慣」として大変注目されている「ヒハツ成分」を手軽に摂取できる、テレビや新聞でおなじみの健康食品がありますので紹介します。

ヒハツ成分配合健康食品には、より日常生活に取り入れやすい「お茶」タイプと、持ち歩きやすく続けやすい「タブレット(サプリメント)」タイプがありますので、好みに応じて選ぶことができます。

 

 

大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」は、一日一杯の緑茶を継続して飲むだけで「ヒハツ成分」を手軽に摂取でき、血圧対策ができるお茶です。

大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 箱

 

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」は機能性表示食品
大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 箱 機能性表示食品

安全性を機能性の根拠に関する情報を、消費者庁長官に届けています。

研究開発本部の農業博士、井前さんは8か月にわたって風味テストを繰り返し、美味しい緑茶に仕上げたお茶です

 

大正製薬「血圧が高めの方のタブレット」の機能性表示成分は「ヒハツ由来ピペリン」

ヒハツ
大正 ヒハツ ひはつ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 口コミ 効果 成分 機能性表示食品

「ヒハツ」とは東南アジアに分布するコショウ科の植物です。果穂には辛みと香りがあるので香辛料として琉球や中国・インドなどでも利用されてきたものです。

ヒハツは、長年生薬に関する研究を続けている大正製薬が数百種類の素材の中から厳選して選んだ、血圧改善に有効とされる素材です。

 

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」には、継続摂取で血圧を下げる効果が期待できる効果が期待できる「ヒハツ由来ピぺリン」を配合しています。

「ヒハツ由来ピぺリン」は、血管内で一酸化窒素を増やし血管が拡張するので、血流がスムーズになり血圧が改善します。

大正 ヒハツ ひはつ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 口コミ 効果 効果の出方

 

「ヒハツ」から摂取できる「ヒハツ由来ピぺリン」には1~2週間で高めの血圧を改善することが臨床実験により証明されています

大正 ヒハツ ひはつ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 口コミ 効果 臨床試験結果

3か月の臨床試験結果では、1週間から2週間で正常な血圧を維持ができたと発表されています。

 

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」には、このように臨床試験結果で効果が検証された「ヒハツ由来ピぺリン」を臨床試験と同じ量配合しています。

大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 箱 栄養成分

ですので臨床試験と同じように継続して摂取することで「血圧を下げる効果」が期待できるのです

 

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」は個包装のスティック
大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 箱 個包装

個包装なので持ち歩きやすい
大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 個包装

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」は個包装に1回分(1日分)が入っています。

 

サラサラの粉末
大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 お茶 粉末

大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 お茶 粉末 サラサラ

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」はサラサラの粉末で、水にもお湯にもさっと溶けます。

1日1本でいいので、外出先や旅行にも1日1本持っていき、水などでさっと溶かして飲むことができます。

 

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」は味がおいしいのも特徴です。

大正 ヒハツ ひはつ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 口コミ 効果 成分 お茶

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」に使われているのは、静岡でとれた一番茶です。

土づくりから、栽培、収穫、製茶、仕上げを一貫して生産していますので、安全性も高く、味もおいしいです。

 

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」個包装1袋
大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 個包装

個包装1袋を水などに入れるだけ
大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 お茶 粉末入れる

混ぜる
大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 お茶 粉末入れる 混ぜる

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」は粒子が細かい粉末なので、混ぜなくてもさっと溶けますが、混ぜるとよりしっかりとけます

 

飲むだけ
大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 お茶

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」は好きな時間に飲めますので、食事と一緒に飲んでもいいですしお茶の時間に飲んでもいいです。続けやすいタイミングで飲めます。

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」はいつ飲んでも構いませんが、飲み忘れを避けるためにも、飲む時間はだいたい一定にしたほうがいいです。(朝食後や朝、夕方などざっくりでかまいません)

溶かすのは水かお湯にしてください。ジュースや牛乳など水かお湯以外のものに溶かすと苦味が出たり、成分に影響があることがあるので溶かすのは必ず水かお湯にしてください。

 

毎日飲んでいる緑茶で、血圧の管理ができるのでとても安心だと評判になっています。

大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 お茶 アイス

ホットでもアイスでも飲めるので年中おいしく飲めますよ!

大正製薬「血圧が高めの方の健康緑茶」に配合されている「ヒハツ由来ピペリン」は継続して摂取することが大事ですので、初回1000円で始められる「公式HP限定の定期キャンペーン」でお得に続けている方がほとんどです。

 
キャンペーンHP

今すぐ【大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶】を見る

バナー原稿imp

 

実際に飲んだ詳しい口コミ
大正製薬 血圧 緑茶 口コミ

 

 

大正製薬 血圧が高めの方のタブレット

大正製薬「血圧が高めの方のタブレット」は一日たった一粒を継続して飲むだけで血圧対策ができる粒タイプのタブレットです。

大正製薬 血圧 ヒハツ タブレット 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 新聞 TV 1000円 キャンペーン パッケージ

 

大正製薬「血圧が高めの方のタブレット」は機能性表示食品
大正製薬 血圧 ヒハツ タブレット 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 新聞 TV 1000円 キャンペーン 機能性表示食品

機能性表示食品とは

 

大正製薬「血圧が高めの方のタブレット」の機能性表示成分は「ヒハツ由来ピペリン」

ヒハツ
大正 ヒハツ ひはつ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 口コミ 効果 成分 機能性表示食品

この「ヒハツ」とは東南アジアに分布するコショウ科の植物です。果穂には辛みと香りがあるので香辛料として琉球や中国・インドなどでも利用されてきたものです。

このヒハツは、長年生薬に関する研究を続けている大正製薬が数百種類の素材の中から厳選して選んだ、血圧改善に有効とされる素材です。

 

植物由来の「ヒハツ由来ピペリン」の成分を配合し、血液改善の効果を持ちながらも手軽に血圧対策を続けられるように、大きさや厚みなどの剤形や粒数などの飲みやすさにこだわって作られたタブレットです。

大正製薬 血圧 ヒハツ タブレット 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 新聞 TV 1000円 キャンペーン 粒

 

タブレットに含まれている「ヒハツ由来ピペリン」は1~2週間で高めの血圧を改善することが臨床実験により証明されています。

大正 血圧 たいしょうけつあつ 大正製薬 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 臨床試験全体

また、飲み続けることで正常な血圧を維持する効果もあり、飲むのをやめると血圧は飲む前の値に近づくという結果も出ています。

 

ヒハツ由来ピペリンの働き
大正 血圧 たいしょうけつあつ 大正製薬 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 ヒハツの効果

ヒハツ由来ピペリンは血管の内部で一酸化窒素の働きを促進させ、それによって血管を拡張させることで血流をスムーズにして血圧を下げる働きがあります。このヒハツの血圧改善作用に関しては大正製薬が特許を取得しているものです。

 

全成分はパッケージ裏面に記載
大正製薬 血圧 ヒハツ タブレット 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 新聞 TV 1000円 キャンペーン 原材料

 

1日1粒飲むだけ
大正製薬 血圧 ヒハツ タブレット 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 新聞 TV 1000円 キャンペーン 1粒

大正製薬「血圧が高めの方のタブレット」の飲み方は簡単で、は1日1粒飲むだけです。

 

大正製薬 血圧 ヒハツ タブレット 血圧が高めの方のタブレット 口コミ 効果 新聞 TV 1000円 キャンペーン パッケージ 粒

大正製薬「血圧が高めの方のタブレット」はとても小さな粒で、1日1粒飲むだけで良いので、朝出かける前に飲んでおけば日中持ち歩く必要もありません。

「ヒハツ由来ピペリン」は継続して摂取することが大事ですので、初回1000円で始められる「公式HP限定の定期キャンペーン」でお得に続けている方がほとんどです。

 
キャンペーンHP

今すぐ【大正製薬 血圧が高めの方のタブレット】を見る

バナー原稿imp

 

実際に飲んだ詳しい口コミ
大正製薬 血圧 タブレット 口コミ

 

 

高めの血圧を改善するとこんなメリットがあります

最後に「高めの血圧を改善するメリット」について紹介します

血圧を測る

血圧が高め(上の血圧が130~139mmHgかつ/または下の血圧が85~89mmHgで正常高値血圧)であっても自覚できる症状はない場合が多く、あったとしても頭痛や倦怠感、めまい、イライラなどで高血圧からくる症状と思われずに見逃されてしまいがちな場合が多いのが一般的です。

しかし、血圧が高めの状態を放置することはさらに血圧を高めてしまいやすく、動脈硬化や高血圧を引き起こす原因となります。

 

高血圧(上の血圧が140~159mmHgかつ/または90~99でⅠ度高血圧、上の血圧が160~179mmHgかつ/または下の血圧が100~109mmHgでⅡ度高血圧、上の血圧が180mmHg以上かつ/または下の血圧が110mmHg以上でⅢ度高血圧)と、血圧が高くなればなるほど脳卒中などの大きな病気のリスクが高まります。

高血圧が怖いのは動脈硬化やそれに伴う合併症である脳梗塞、くも膜下出血、心不全、腎不全、狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤など脳や心臓、腎臓、目に関する大きな病気を引き起こす可能性があるからです。

血圧を下げる薬

高めの血圧の時点に早めに対処することはそれらの病気のリスクを減らすことになります。

 

治療が必要なほどの高血圧になってしまうと通院して降圧剤などの薬を継続して服用しなければならなくなりますが、高めの血圧(上の血圧が130~139mmHgかつ/または下の血圧が85~89mmHgで正常高値血圧)に早めに気づくことができれば、生活習慣や食生活の改善で血圧を下げることができることも多いので、病気のリスクだけではなく通院にかけるお金や時間、精神的な負担も軽減できます。

また、高めの血圧(上の血圧が130~139mmHgかつ/または下の血圧が85~89mmHgで正常高値血圧)を改善することは体全体の血流を良くすることにつながるのでむくみや冷え、便秘の改善、疲労の緩和・回復、美容やダイエットにまで効果が期待できます。

大正 ヒハツ 大正製薬 血圧が高めの方の健康緑茶 お茶

「血圧ケアに良くない習慣」を可能な限り減らし、手軽に取り入れられる「血圧ケアに良い習慣」をうまく活用して、高めの血圧の状態の時にケアすることが大事です。

 

 

この記事を最初から見る
高めの血圧を下げる方法

 

 

 

 

-サプリメント・ドリンク
-, , ,

Copyright© 大人の美容と健康の口コミNIS , 2018 All Rights Reserved.