シャンプー

守り髪 パーマやカラーで受けたダメージをケアするシャンプー&トリートメント

投稿日:

美容師絶賛のダメージケアシャンプー&トリートメント・守り髪

髪の毛をおしゃれなカラーに染めたり、可愛いパーマをかけたりと、私たちはさまざまなダメージを与えています。
紫外線やヘアアイロン、コテといった日常生活での小さなダメージも積もり積もって、いつの間にか髪全体がダメージを負って傷んでいるということも起こります。
しかし、守り髪(まもりがみ)を使って髪を洗うと、このようなダメージから髪を守って保護してくれると言われています。
一体どのようなシャンプー&トリートメントなのか説明しますので、髪の毛のダメージに悩まれている方は参考にしてくださいね。

守り髪ダメージケアシャンプー

 

お試しキャンペーンHP⇒守り髪を見る

 
 

どうして髪の毛は痛むのか

パーマ、カラーといった施術を受けると髪が痛むのは知られていますが、そこに紫外線や摩擦といったダメージが加わるとさらに髪の毛が傷んで潤いがなくなり、乾燥してぱさぱさになってしまいます。
これでは、せっかくパーマやカラーをしておしゃれに整えた髪の毛でも魅力は無くなってしまいますね。

町で髪の毛のダメージをそのままにしている人を見かけると、なんとなく老けている、疲れている、というようにマイナスな印象を持つこともあります。

この原因は、髪の毛に発生する活性酸素です。
パーマやカラーを行った髪の毛が紫外線に晒されると、この活性酸素が発生し、ダメージを広げていきます。

これを食い止めたりケアしたりするのは、美容院でのケアが必要になりますが、美容院になんども通うのは難しいものですし、トリートメントを受けるだけでも出費はそれなりに嵩んでしまいます。
そこで、セルフケアで髪の毛のダメージをケアするために守り髪(まもりがみ)が生まれました。

 
 

守り髪の特徴・効果

パーマやカラーのダメージだけでなく、紫外線からのダメージからも髪の毛を守ってさらに補修する効果もあると言われる守り神(まもりがみ)。
口コミを見てみると、かなりの好評価がずらりと並んでいます。

しかし、それは本当なの?誰にでも効果が出るの?と思われるでしょう。
この項目では、守り髪について詳しく見ていきます。

 

配合成分について

守り髪に配合されている成分は天然由来のものです。
守り髪の中でも大きな役割を担う3つの成分について解説します。

・アルガンオイル
美容オイルやヘアオイルとしても愛用している人が多いアルガンオイルの特徴は、刺激が少ないうえに、高い抗酸化力を持つことです。
この抗酸化力によって、髪の毛に発生した活性酸素を取り除いてくれます。
希少価値の高いオイルとしても知られています。
・メドゥフォームラクトン
この成分は、髪の手触りをさらさらにして、質感を改善させるための力を発揮します。
ダメージを負ってきしむようになった髪の毛に対してきちんと潤いを与え、しっとりとまとまりやすい髪の毛へと状態を改善していきます。
・シアバター
保湿効果が高いことでも知られ、ボディクリームやハンドクリームとして使用されていることも多いシアバターは、守り髪の中では紫外線対策に使用されます。
もちろん、トリートメント効果も高いため、髪の毛をケアする効果も期待できます。
もともとシアバターは人間の皮脂に近い成分であることが知られており、炎症を鎮静化させたり頭皮ケアにもぴったりの成分だと言われています。

このほかに、弾力のあるもちもちの泡を作るソープナッツエキス、ぱさつきや切れ毛といったトラブルを補修して髪の毛にハリとコシを与えるナノリペアーが配合されています。

 

口コミでの評価について

「守り髪はバラの香りがしてなんとなくリッチな感じになります。
泡立ちも良いので使いやすいです」
「ノンシリコンなのに、髪の毛がきしむことがない。
乾かした後の手触りが良くなったので驚いています」
「守り髪を使うと、髪の毛のセットがしやすくなりました」
「髪の毛がさらっとして、全体的に軽い仕上がりになります」

口コミのなかにもありましたが、守り髪はノンシリコンシャンプー&トリートメントとして開発されました。
シリコンは、髪の表面を覆って手触りをよくする効果に優れたものですが、しっかりとシリコンでコーティングされてしまうと栄養のある成分が髪の内部に浸透しないようになってしまうため、現在ではあまり好まれない方が多くなっているようです。

 

効果について

シャンプーやトリートメントにどのような効果を求めるのかと聞かれたとき、多くの女性がパサつきを軽減、改善したいというふうに答えられますが、守り髪を使ったときにパサつきの改善効果についてはあまり良い感想を持たれなかった方が見られます。
また、髪が多い方も守り髪の効果はあまり実感できなかったようです。

それは何故かと言うと、守り髪は髪の毛のボリュームアップに効果的なシャンプー&トリートメントだからです。
そのため、守り髪を使って効果が実感できるのは、髪の毛の質が柔らかい、細い人、年齢とともに髪の毛のボリュームが減ってきてしまった人だと言われています。
髪の毛にハリ、コシを与えたいという人でなければ、守り髪の効果は十分に感じられないということですね。

しかし、守り髪は髪の毛に良い成分を使っていますので、髪の毛のダメージケアをするために守り髪は良いものであると言えます。
守り髪を使っているうちに髪の毛の内側まで栄養が浸透して、髪の毛がもとの元気な状態を取り戻すことは、どなたにでも可能なことです。

 
 

守り髪は美容師のお墨付き

髪の毛のプロである美容師の人たちからも、守り髪は評価されています。

「シャンプーをしただけで髪がしっとりするし、きしまない。
その後でコンディショナーを使わなくてもパサつきが出ないのではないかと思う位に保湿している。
使用後のしっとり感が素晴らしい」
「守り髪は洗浄力が高いので、きちんと髪の毛を洗っている感じがする。
それなのに、洗い上りはしっとりしている。
これはパーマとカラーリングを繰り返しされている方に使ってみてほしいシャンプー&トリートメントです」
「髪の毛に良い成分ばかりを使っているので、指通りが良い。
洗っている最中に指に絡みつく感じがしない。
毎日使うと髪もきれいになると思うので、自宅で行うセルフケアとしてはかなりおすすめです」

 
 

正しくダメージケアをして綺麗な髪になろう

髪の毛を綺麗にするためには、正しく髪の毛を洗うことが大切です。

お風呂に入る前には、ブラッシングをしましょう。
髪の毛に絡まった埃などを浮かせて、シャワーで落としやすくすることで、頭皮もしっかりと綺麗にします。

そしてシャンプーの前には、しっかりと時間をかけて髪の毛と頭皮にお湯をかけて流していきます。
この予洗いで、髪の毛と頭皮についている汚れはかなり落とせます。

そしてシャンプーをする際には、テクスチャをそのまま髪の毛や頭皮に乗せるのではなく、手のひらで泡立ててから使ってください。
この際には、爪を立てずに指の腹を使うのがポイントです。

また、シャンプーは髪の毛よりも頭皮を重視して洗うのも大切なことです。
塗れた髪の毛は擦れると摩擦を起こしてダメージに繋がりますので、注意してください。

洗い流すときは、泡が残らないようにきちんと洗い流しましょう。

その後、トリートメントを使う前には一度タオルで水気をオフすると守り髪の成分が髪の毛の内側にも浸透しやすくなります。
テクスチャは毛先を中心に塗り、お湯で濡らしたタオルで髪を包むと熱でトリートメント効果が高まりますので、このポイントを押さえて守り髪の効果を逃さないようにしましょう。

 
 

守り髪は公式サイトから購入可能

シャンプーなどはドラッグストアで購入しているという人が多いと思いますが、守り髪は店頭販売はされていないようです。
通販サイトでは一部取り扱われているところもありますが、公式サイトを利用すれば特典がついていたりお得に購入する方法もありますので、公式サイトを通じて購入するのが正しい方法と言えるでしょう。
ぜひ守り髪を使って美しい髪を取り戻してください。

 

お試しキャンペーンHP⇒守り髪を見る

 
 

-シャンプー
-, , , , ,

Copyright© 大人の美容と健康の口コミNIS , 2018 All Rights Reserved.