大人の美容と健康の口コミ

大人の女性のための美容ポータルサイト

厄年 財布 買い替え!2018年 厄除け 財布 は 七色 白蛇 うろこ がいい?女性も男性も使える 厄払い 七色厄除け財布(さいふ)

更新日:

厄年 財布 買い替え
厄除け 財布 2018年 は 七色 白蛇 うろこ がいい?女性も男性も使える 厄払い 財布七色厄除け財布を集めました。

厄年に財布の買い替えをするなら 七色で白蛇(しろへび)の厄除け(やくよけ)財布がピッタリです。

写真クリックで詳細見れます↓

 
厄除け財布一覧HP↓

 

 

厄年 財布 買い替え どうすればいい?

厄年(やくどし)はだれでも気になるもので、できる限り穏便に乗り越えたいと思うものです。そんな厄年(やくどし)に財布を買い替える、厄除け(やくよけ)の効果が期待できる財布(さいふ)を購入することは、厄年(やくどし)を無事乗り切るための1つの知恵です。

厄年に厄払いのお財布を持ちませんか? 男性は42歳、女性は33歳が大厄と呼ばれる最も注意が必要な年齢です。そして、前厄、後厄として男性は41歳と43歳女性は32歳と34歳も注意が必要です。ご自身がこの年齢を迎えられる方は是非厄払い、厄除けのお財布を身につけて頂きたいと思います。また、ご家族やご友人がこの年齢を迎えられる際の厄除けプレゼントにも厄除けのお財布は最適です。

 

厄年 財布 買い替え 2018年 厄除け 財布 は 七色 白蛇 うろこ がいい?女性も男性も使える 厄払い さいふ しろべびさいふ

厄除け(やくよけ)の定義で

1 長いもの

2 七色の物

3 うろこ柄のもの

が厄払い(やくばらい)に良いとされています

 

七色の長いものが厄除けに良い、よく聞きますよね。厄年にはカギのストラップを七色の組みひもにしたり、財布に七色のひもを編んだものをつけたりして、厄除け(やくよけ)や厄払い(やくばらい)をしたものです。

財布でも厄払い財布(やくばらいさいふ)というものがあります。

厄払い財布

1 長いもの →長財布

2 七色の飾り →七色の帯

3 うろこ柄のもの →蛇柄

この3つがそろった「七色厄除け財布」なるものが「財布屋(さいふや)」ありますので、使ってみるといいですよ

 

七色厄除け財布 札入れ
写真クリックで詳細見れます↓


七色は内側なので目立たないです。外から見たら普通の白い蛇皮の白蛇財布(しろへびさいふ)です。

 

七色厄除け財布 ファスナータイプ
写真クリックで詳細見れます↓


七色は内側なので目立たないです。外から見たら普通の白い蛇皮の白蛇財布(しろへびさいふ)です。

 

七色厄除け財布 小銭入れ
写真クリックで詳細見れます↓


七色は内側なので目立たないです。外から見たら普通の白い蛇皮の白蛇財布(しろへびさいふ)です。

 

財布屋の白蛇財布使っています↓
厄年 財布 買い替え 2018年 厄除け 財布 は 七色 白蛇 うろこ 女性も男性も使える 厄払い さいふ しろべびさいふ やわらかい皮

うろこ柄は蛇(へび)を表すらしく、京都の古い柄でも、うろこ柄は縁起がいいとあります。他にも、うろこもんとして身を守るという事もあるようです。
 

厄除け財布HP↓

 

 

2018年の厄年(やくどし)一覧

ちなみに来年2018年の厄年(やくどし)です↓

 

男性厄年 2018年(平成30年)

西暦
 年号
前厄 本厄 後厄
2018年
 平成30年
1995年
 平成7年生
 (24歳)
いのしし
1994年
 平成6年生
 (25歳)
いぬ
1993年
 平成5年生
 (26歳)
とり
1978年
 昭和53年生
 (41歳)
うま
1977年
 昭和52年生
(42歳)
へび
1976年
 昭和51年生
 (43歳)
たつ
1959年
 昭和34年生
 (60歳)
いのしし
1958年
 昭和33年生
 (61歳)
いぬ
1957年
 昭和32年生
 (62歳)
とり

↑太字は最も注意が必要な大厄の年です

 

 

女性厄年 2018年(平成30年)

西暦
 年号
前厄 本厄 後厄
2018年
 平成30年
2001年
 平成13年生
 (18歳)
へび
2000年
 平成12年生
 (19歳)
たつ
1999年
 平成11年生
 (20歳)
うさぎ
1987年
 昭和62年生
 (32歳)
うさぎ
1986年
 昭和61年生
 (33歳)
とら
1985年
 昭和60年生
 (34歳)
うし
1983年
 昭和58年生
 (36歳)
いのしし
1982年
 昭和57年生
 (37歳)
いぬ
1981年
 昭和56年生
 (38歳)
とり
1959年
 昭和34年生
 (60歳)
いのしし
1958年
 昭和33年生
 (61歳)
いぬ
1957年
 昭和32年生
 (62歳)
とり

↑太字は最も注意が必要な大厄の年です

 

 

 

財布屋 七色厄除け財布

厄年とは男性は社会的、女性は家庭内でプレッシャーのかかる状況になりやすい年齢です。不慮の事故やけが、病気なども起こりやすい年とされていることから、「厄払い」「厄除け」を行うという習慣がある。身近で、常に身に付けていられる「お財布」で厄除けが出来ればとても良いと思いませんか?

 

財布で厄払いッ!!
厄年 財布 買い替え 2018年 厄除け 財布 は 七色 白蛇 うろこ がいい?女性も男性も使える 厄払い さいふ しろべびさいふ

厄払い財布

1 長いもの →長財布

2 七色の飾り →七色の帯

3 うろこ柄のもの →蛇柄

 

このお財布で厄除けが出来る主なポイントは、「白蛇財布」と「七色の帯」です。

「白蛇」は「蛇」は長い身体で厄を断ち切るという意味、「七色の帯」は厄除けに効果があるといわれており、無病息災・勝負運などに効果があるといわれています。

 

白蛇財布に七色の帯をあしらった「お財布」は厄除けの効果が強いのです。お財布のタイプも5種類あり、長財布や折りたたみ財布、ファスナー式やがまぐち式などお好みに合わせてお選び頂けます。七色厄除け財布人気の3種類はこれ

七色厄除け財布 札入れ
写真クリックで詳細見れます↓


七色は内側なので目立たないです。外から見たら普通の白い蛇皮の白蛇財布(しろへびさいふ)です。

 

七色厄除け財布 ファスナータイプ
写真クリックで詳細見れます↓


七色は内側なので目立たないです。外から見たら普通の白い蛇皮の白蛇財布(しろへびさいふ)です。

 

七色厄除け財布 小銭入れ
写真クリックで詳細見れます↓


七色は内側なので目立たないです。外から見たら普通の白い蛇皮の白蛇財布(しろへびさいふ)です。

 

 

昔からのいわれや迷信は大事にするといいことありますよ!

秋の財布は実りの財布

春の財布は春財布

蛇の抜け殻を財布に入れると縁起がいい

山口県岩国に伝わる白蛇のいわれ

金色に伝わる未知の力

蛇と財運

かえるを財布に入れるとお金がかえる

七色の付いた財布は、厄年を迎えれた方が使うと、厄除けになると、古くから言われています

 

厄除け財布を買うなら開運日に購入」に「開運日に到着(使い始める)」がいいですよ!財布屋(さいふや)の七色厄払い財布は「開運日購入」もできるので下記HPでチェックしてください。

購入日を選ぶ方がいいので早めに調べて計画たてたほうがいいです。

開運日購入できる七色厄払い財布HP

 

 

 

 

-ファッション
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 大人の美容と健康の口コミ , 2017 All Rights Reserved.