健康

乳酸菌は便秘以外にも効果あり!意外と知られていない効果を紹介します

投稿日:

乳酸菌 効果

ヨーグルト

乳酸菌といえば、便秘がちな人におすすめされることの多い成分として知られています。
しかし、実は乳酸菌が私たちの健康に大きく関わるものであるということが、近年の研究で明らかになってきました。
そのカギを握るのが、腸内に存在するおよそ9千兆を超える細菌です。

善玉菌と悪玉菌という名前で呼ばれるこの細菌たちが、腸の中でバランスをとることで健康維持ができるそうです。
さらには、精神面や性格といった部分にまで影響を与えることも明らかになっています。

体全体の健康以外にも、体が痩せやすいか、太りやすいか、ということも腸内細菌の状態によって左右されるとも言われており、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えることがかなり大切なことだと言えるでしょう。

 
 

乳酸菌が持つ効果

乳酸菌を摂取することで腸の中では善玉菌の数が増え、悪玉菌の活動を抑制することができます。
善玉菌の動きが活発になることで、腸の中に入った食べ物をスムーズに分解して栄養素として変換していきます。
その働きによって、たくさんの効果が得られます。

・便秘を解消させる
・肌荒れを改善させる
・花粉症を予防する
・免疫力を向上させる
・アレルギーの症状を和らげる
・アトピー性皮膚炎を改善する
・内臓脂肪を減らす
・コレステロール値を下げる
・大腸がんを予防する

CMなどでも言われているように、乳酸菌を摂取することで停滞していた腸の動きが活発になることは有名ですが、それ以外にもこれだけの効果があるというのは驚きですね。
免疫力が上がると病気になりにくくなりますし、花粉症やアレルギーの症状を緩和できるというのも魅力的です。

しかし、乳酸菌を含む食材の種類というのはあまり多くありません。
そのため、1日の食事で十分な量を摂取することはかなり難しいと考えられており、サプリメントや飲料を使って乳酸菌をまとめて摂取するほうが効率的だと言えます。

 

乳酸菌はどんなふうに働くの?

乳酸菌が腸に届くと、酢酸、乳酸といったものを生みだします。
この成分の働きで、腸内を弱酸性にすることで、腸の内壁が刺激を感じてぜん動運動という排泄のための動作を行います。

便秘状態にある人の腸は、アルカリ性になっているために、便を排出しようという動きが鈍っている状態です。
そのうちに排便があるだろうと思ってこれを放っておくと、腸内にたまっている便が腐敗してしまい、悪玉菌を増やしてしまいます。

悪玉菌は肌荒れや体調不良を引き起こす要因になるのですが、発がん性を高める物質まで生み出してしまうと言われていますので、腸の中で悪玉菌が多くならないように、乳酸菌を使って善玉菌の数を増やしておくことが将来の健康につながります。

 
 

善玉菌が増えることで得られる効果を詳しく解説

免疫力の向上

免疫力というのは、体の健康を支えるための大切な機能です。
この免疫力を支えているのが、免疫細胞と呼ばれるものなのですが、体の中にある免疫細胞のうち、60%から70%が腸の中にあるそうです。

例えば、体内に侵入してきたウイルスや菌は、小腸内壁にあるパイエル板、という名前のセンサーによって発見され、分泌されたリンパ球の働きによって体の外へ排泄されていきます。
このセンサーの働きを鈍らせないためにも、腸にある免疫細胞がきちんと働けるように善玉菌の数を増やし、元気な状態を作っておくことが大切です。

 

アレルギー、アトピー性皮膚炎の症状緩和・改善

アトピー性皮膚炎が発祥する原因ははっきりと分かっていませんが、免疫細胞の仲間である「Th1」と「Th2」という細胞の、「Th2」だけが過剰に活性化することでアレルギー反応が起きる、ということが判明しています。
この「Th2」だけが優位になるのは、腸内に悪玉菌が増えたときだということも分かっているため、悪玉菌の数を減らして「Th2」だけが活性化しないように乳酸菌を摂取することが有効だと考えられています。

 

花粉症の予防・改善

花粉症
日本人の5人に1人が花粉症だと言われています。
その原因となるのが、杉やヒノキなどの樹木や植物の花粉です。
本来であれば、花粉は人間の体に害を与えないものなのですが、体が過剰に反応してくしゃみ、鼻水、目のかゆみといったアレルギー反応を発生させてしまいます。

一度花粉症になると一生付き合わなければいけない、というイメージもありますが、乳酸菌を摂取して腸内環境を良くすることで免疫力が上がり、花粉症の症状を緩和、改善することができるということが分かってきました。
花粉症になりたくない、という方も乳酸菌を摂取することで予防になります。

 

大腸ガンを予防

日本人の死因で1位だと言われているガン。
できることなら防いでおきたいですよね。

ガンになる原因はさまざまですが、大腸ガンの場合は、ウォルシュ菌と呼ばれる悪玉菌が発がん性物質を生みだすことでガンを発症させます。
ウォルシュ菌は、肉をよく食べることで摂取する動物性タンパク質を使って発がん性物質を作りますので、食文化の欧米化によって数が増えてきた、とも言われています。

さらに、肉をよく食べることで胆汁酸が過剰分泌されるようになることでも、ガンが発症する可能性を高めるということも明らかになっています。
発酵食品を食べたり、和食中心にしたりすることも大切ですが、悪玉菌であるウォルシュ菌を増やさないためにも乳酸菌を摂取するのが良いでしょう。

 
 

乳酸菌の種類によって効果に違いがある

乳酸菌の種類はなんと600種もあると言われています。
それだけの数がありますので、当然、摂取することで得られる効果も異なります。

あまりにも種類が多すぎるので、「便秘を解消したい」「健康のために乳酸菌を摂取したい」という目的をはじめに決めて、それに対応する乳酸菌を摂取するのがおすすめです。
ちなみに、乳酸菌には酸素がある場所で働く通性嫌気性と、酸素があると死滅する嫌気性菌があります。

 

乳酸菌配合の商品を選ぼう

乳酸菌を摂取できるもの、というとヨーグルトが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
ヨーグルトは購入しやすく、継続しやすいので乳酸菌を摂取するためにはかなりおすすめです。

中には、乳酸菌が生きた状態で腸に届くことをキャッチコピーにしたものもありますが、例え腸に届くまでに乳酸菌が死んでしまったとしても、腸に入ればそこにいる善玉菌が餌として食べることができますので、結果として善玉菌をサポートすることになります。
乳酸菌を摂取し続けることを重視しましょう。

 

納豆菌と乳酸菌で善玉菌を倍増させよう

納豆
納豆菌の健康効果の高さは有名ですよね。
その力を乳酸菌と組み合わせると、お互いの効果を高め合い、爆発的に効果を高めることができます。

納豆菌は悪玉菌の数が増えることを予防し、乳酸菌が働きやすい状態を作りだすうえ、乳酸菌の働きを助ける力も持っています。
そのため、このふたつを同時に摂取することで善玉菌が10倍に増えた、という研究結果もあるほどです。

また、乳酸菌は1日で腸から消えてしまうものですが、納豆菌は数日間留まり続けるという特徴もありますので、毎日ではなくとも数日ごとに納豆を食べると乳酸菌の力がアップします。

 
 

乳酸菌の意外な効果、ぜひ体感してください

毎日乳酸菌を摂取することで、かなりたくさんの健康効果が得られます。
健康な状態を維持することができれば、肌の調子もよくなり、痩せやすい体も作りやすくなります。
美容やダイエットの効果以外に、花粉症の予防やアレルギー・アトピーの改善、そして生活習慣病や大腸がんの予防までしてくれるとは、意外でした。
乳酸菌配合の食品や飲料はたくさん発売されていますので、手に取りやすいものから乳酸菌を取り入れる生活を始めてみてください。

 
 

関連記事:大正 善玉 乳酸菌 青汁

 
 

-健康
-, , , , ,

Copyright© 大人の美容と健康の口コミ , 2018 All Rights Reserved.